モスコー

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

モスコーは、霊界物語に登場する都市。国祖国治立命太白星の十二個の玉を国魂として配置[1]した「十二の山」の一つ(ただし地理的には山ではなく平地)。


概要

主なエピソード

  • 常世国ロッキー山を追放された貴治彦(ロッキー山の八王神)は、モスコーに逃れて、蟄居して時期を待つ。[6]
  • モスコーの八頭神・道貫彦の娘・夕凪姫は、八頭神・夕日別の後妻となるが、病死した前妻・夕照姫の怨霊に悩まされ、同じ病気を発して帰幽する。その霊魂は大蛇と化して長橋の守護神となる。[7]
  • [大道別と春日姫の旅立ち] 第3巻第29章から32章にかけて、後に常世会議で活躍する大道別(道彦)と春日姫がモスコーから旅立つ物語が描かれている。
    • 道貫彦がローマに招集されて長期間不在の間(大足彦が全八王神に招集をかけたとき)、妻の道貫姫は長女・春日姫を甘やかしたため、放縦堕落が激しかった。
    • 春日姫は八王大神常世彦の従臣・竹倉別と相思相愛の仲となったが、心変わりをして鷹住別と交際を始める。[8]
    • 道貫彦はローマが没落するとようやくモスコーに帰城したが、自分が不在の間に勝手に春日姫が鷹住別と夫婦になったことに激怒。管理不行届きで妻・道貫姫を別殿に蟄居させ、春日姫と鷹住別の仲を裂いて、鷹住別を常世国に追放してしまう。
    • 春日姫は連日連夜泣き暮らし、遂に心魂に異常を来たして発狂してしまった。従臣が「竜神の滝」に連れて行き一ヶ月間、滝に打たせた結果、精神が元に戻ったように見えたが、この春日姫は銀毛八尾の悪狐の変化で、本物の春日姫はすでに鷹住別と手を携えて常世国に渡っていた。[9]
    • 道貫彦の侍従長・大道別が、春日姫に化けた悪狐の首を斬り捨てると、その血が口に入り、大道別もまた精神に異常を来たすようになる(大道別はその後、聾唖痴呆者として諸国を遍歴した後、日の出神として活躍する)。
    • これよりモスコーの城は、常世姫の駆使せる金毛九尾の悪狐のために蹂躙され、道貫彦たちは遂に城を捨てて万寿山に避難することになる。[10]
  • 顕恩郷南天王鷹住別)は、橙園郷との戦いに敗れ、妻の春日姫と共にモスコーに逃げ帰る。[11]
  • 国祖隠退後、言触神月照彦神はモスコーの八王・道貫彦の館を訪れると、奥殿ではウラル教の宣伝歌を歌って酒宴の真っ最中だった。道貫彦は月照彦神に教化され、地位を捨てて、月照彦神の従者となり、天下救済のために諸方を遍歴することになる。[12]

現実のモスコー

モスコーとはロシアの首都モスクワのこと。

モスクワ(Moscow)の英語読みがモスコー。

モスコーが霊界物語に初めて登場する第2巻が著述された当時(大正10年=1921年)は、ロシアで革命が進行中であり、1922年12月に誕生したソビエト連邦の首都はモスクワだが、それ以前のロシア帝国(1917年のロシア革命で終焉)の首都はペトログラード(現在はサンクトペテルブルク)である。

脚注

  1. 第3巻第2章八王神の守護#
  2. 第3巻第26章大蛇の長橋#
  3. 第6巻第27章神生み#
  4. 夕照姫は第3巻第26章#で病死しているので、大洪水後に生きているはずがない。
  5. 新月の光0234「霊界物語の地名」
  6. 第3巻第6章籠の鳥#
  7. 第3巻第26章大蛇の長橋#
  8. ここまで第3巻第29章男波女波#第30章抱擁帰一#
  9. ここまで第3巻第31章竜神の瀑布#
  10. ここまで第32章破軍の剣#
  11. 第5巻第20章猿蟹合戦#
  12. 第5巻第40章紅葉山#

外部リンク