春日姫

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

春日姫(かすがひめ)は、霊界物語に登場する人物。モスコー八王神道貫彦の長女[1]。後に宣伝使となる。

概要

  • 初出:第3巻第29章男波女波#
  • 第3巻第31章竜神の瀑布#で「鶴舞姫(つるまいひめ)」という仮名を名乗っている。
  • 春日姫の容姿は「眉長く眼涼しく、口許しまりて色白く、膚やはらかく、あたかも桜花の時をえて咲初めたるごとき容姿を持てりき」[2]

関係の深い人物

主なエピソード

第3巻

  • 春日姫の父・道貫彦ローマに召集されて長年不在で、母・道貫姫は子に甘く、春日姫は放縦堕落な行動をとり続けていた。春日姫は竹倉別八王大神常世彦の従臣)に一目惚れし、恋の病で寝込むが、侍女の春姫が間を取り持ち、竹倉別は春日姫と交際するようになった。しかし春日姫は、烏羽玉の宮を参拝する時にすれ違った鷹住別に一目惚れし、以後は鷹住別と交際するようになる。〔第3巻第29章男波女波#第30章抱擁帰一#
  • モスコーに帰城した道貫彦は、自分の不在中に春日姫と鷹住別が夫婦になったことを大いに怒り、鷹住別を常世の国に追放してしまう。春日姫は連日連夜泣き暮らし、ついに心魂に異常を来し、狂乱状態となる。従臣の竹友別畠照彦は、春日姫を鶴舞姫と仮名し、天道山の「竜神の滝」という大瀑布に滝行に連れて行くが、ますます異常になる。侍従長の大道別は部下に命じて春日姫を城に連れ戻した。大道別は刀で春日姫の首を斬ってしまう。するとそれは春日姫ではなく、銀毛八尾の悪狐の変化であった。本物の春日姫は鷹住別と常世の国へ逃げていた[3]。〔第3巻第31章竜神の瀑布#第32章破軍の剣#

第4巻

第5巻

第6巻

  • 月照彦神モスコー道貫彦の館を訪れ〔第5巻第40章紅葉山#〕、鷹住別は宣伝使となって旅に出た。その後、春日姫は月照彦神の跡を慕い、また鷹住別に巡り会うため、侍女の春姫を連れてモスコーを旅立った。鬼城山美山彦に捕まってしまう。それから3年後[7]、月照彦と足真彦が鬼城山を訪れたのを機に、月照彦足真彦・春日姫・春姫の4人で鬼城山の曲津たちを改心させる。4人は鬼城山を出て旅立った。〔第6巻第4章立春到達#第6章暗雲消散#
  • 4人は袂を分かち、それぞれ一人旅をする。春日姫は北東へ進み、常世国の東岸に出た[8]。岸に着いた船(春日丸[9])に、宣伝使の弘子彦が乗っていた。上陸した弘子彦は、春日姫と話をする。同じ船に鷹住別も乗っており、春日姫がいるとは知らずに船を降りてしまった。弘子彦は西へ向かい、春日姫は船に乗った。船が出航する時に、夫の鷹住別が陸上にいることに気がついた。二人は話をすることもなく、船は沖へ進んで行った。〔第6巻第7章旭光照波#第10章四鳥の別れ#
  • 春日姫は長白山の大森林を歩いていたが、毒蛇に咬まれて歩けなくなってしまう。そこへ春姫が通りがかった。二人は久しぶりの再会に喜ぶ。そこへウラル教の一味が現れて二人に襲いかかる。しかし日の出神大道別の分霊)が現れて二人を助けた。日の出神は薬草で春日姫の傷を手当てする(→「起死回生の神薬」)。日の出神は春日姫に、女たるものは家を治めることが第一の務めである、としてモスコーに帰るよう諭すが、春日姫は、いったん思い定めた宣伝使、初心を曲げるわけに行かない、と拒否する。日の出神は春日姫の固い決心に感嘆した。三人は長白山を下り、東西南の三方に別れて宣伝の旅を続けた。〔第6巻第11章山中の邂逅#第12章起死回生#

脚注

  1. 第3巻第29章男波女波#:「その長女春日姫は」:ただし二女以降の名は不明。
  2. 第3巻第29章男波女波#
  3. 第3巻第31章竜神の瀑布#:大道別のセリフ「春日姫はすでに鷹住別と手をたづさへて常世国にあり」
  4. 第4巻第3章使臣の派遣#大道別広宗彦に出した手紙「私のほかに八島姫、鷹住別、春日姫の三人は常世彦の気に入りの従臣となつて仕へてゐる」
  5. 第5巻第37章片輪車#:春日姫の歌「石に躓き足破り 破れ被れの二人連れ 夫の病は日に夜に 痛み苦しみ堪へ難き」
  6. 第5巻第37章片輪車#:「松の大木を輪切にしたる車を曳きつつ」
  7. 第6巻第4章立春到達#:春日姫のセリフ「吾夫鷹住別は宣伝使となつて天下を遍歴し、妾は御恩深き月照彦の御跡を慕ひ、一つは吾夫鷹住別に巡り会はむと、モスコーの城を後にして(略)今より三年のその昔、美山彦の計略に乗せられ」
  8. 第6巻第7章旭光照波#:「春日姫は尊き神の守護の下に、夜に日をついて北東へ北東へと進みつつ、常世国の東岸に現はれける」
  9. 第6巻第10章四鳥の別れ#:「船の名は偶然にも春日丸と云へるなりける」