半ダース宣伝使

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

この項目はまだ書きかけです。

半ダース宣伝使(はんだーす せんでんし)とは、霊界物語第13巻以降に登場する、ウラル教から三五教に改宗した次の6人の宣伝使のことである。(詳細は各人の項目を見よ)

岩彦(いわひこ)
ヤッコスと名乗り清春山の岩窟に潜入。獅子に乗った文珠菩薩として変幻出没する。
梅彦(うめひこ)
照国別と改名。八人乙女の二女・幾代姫と結婚する。クルスの森で弟子たちに「仁愛の真相」を開示する。
音彦(おとひこ)
玉国別と改名。八人乙女の三女・五十子姫と結婚する。フサの国懐谷で猿に目をかきむしられて失明してしまう。
亀彦(かめひこ)
治国別と改名。八人乙女の六女・菊子姫と結婚する。天国巡覧する。
駒彦(こまひこ)
言依別命の命でハルマンと名乗ってイルナの国に潜入する。
鷹彦(たかひこ)
半鳥半人のエンゼル。もともと三五教の宣伝使で、ウラル教に潜入し、他の5人を三五教に導いた。

概要

  • 鷹彦以外の5人は名を変えながら頻繁に登場し、第13巻以降第72巻までのストーリー展開に重要な役割を果たしている。
  • 神命によりウラル教に潜入していた三五教の鷹彦が、5人を改心に導き、その5人が三五教の宣伝使として成長して、世界各地で三五教を弘めていくという構造になっている。
  • この6人を指すのに「半ダース」とか「半打(はんダース)」と呼ばれているが、「半ダース宣伝使」と呼ばれているのは1回だけである。[1]
  • 岩彦は「宣伝使長」と呼ばれる場合もある。[2]
  • 6人が一緒に活動するのは第15巻第4章神の栄光#までである。

主なエピソード

第13巻

6人はアーメニヤから竜宮島ウラル教の宣伝に出向いていたが、三年経っても何の成果も出せず、アーメニヤに帰国するため船に乗っていた。フサの海を航海中、突然颶風に遭遇する。だが三五教の宣伝使・日の出別命が宣伝歌を歌うと颶風はピタッと止んだ。6人はその神力に驚いて、三五教に帰順しようかと話し合うが、リーダー格の岩彦だけは、頑としてそれに反対する。フサの国のタルの港に着くと、日の出別命はフサの都へ向かって進んで行く。6人はその後をついて行く。〔第13巻第2章波斯の海#第4章夢の幕#

日の出別命は6人に、フル野ケ原の地下の大岩窟「醜の窟」を探検させることで身魂の修業をさせる。最後に岩彦も改心が出来て本守護神が現れる。〔第13巻第5章同志打#第21章本霊#

6人は田子の町お竹の宿の騒動を鎮定し、弥次彦・与太彦を伴いコーカス山に進む。8人は林の中で野宿するが、何故か音彦以外の5人の宣伝使は姿を消してしまった。そこへウラル教の捕り手数十人が現れ、3人(音彦・弥次彦・与太彦)を捕まえようとする。3人は逃げて小鹿峠から谷間に飛び降りた。〔第13巻第23章和解#第24章大活躍#

第14巻

話は全巻から続く。谷間に飛び降りた3人(音彦・弥次彦・与太彦)の霊魂は中有界をさまよい、三途川の河守の婆と珍妙な問答を繰り広げる。日の出別命と半ダースの他の5人は、谷底で気絶していた3人を介抱する。3人は無事に現界に戻って来た。日の出別命はコーカス山に帰り、6人は馬に乗りフサの都へ進んだ。〔第14巻第1章三途川#第4章馬詈#

小鹿峠二十三坂の上で、勝彦弥次彦・与太彦に幽斎を行っていると、悪霊が懸かって大変なことになる。そこへ日の出別命と半ダース宣伝使が馬に乗って空から現れ、助けてくれた。〔第14巻第13章山上幽斎#

第15巻

半ダース宣伝使は太玉命と共にメソポタミヤ顕恩郷に乗り込み、バラモン教鬼雲彦の支配から顕恩郷を解放する。〔第15巻第3章十六花#第4章神の栄光#

これ以降は、6人が一緒に登場することはない。単独行動となる。

脚注

  1. 第43巻第14章忍び涙#五三公のセリフ「梅彦に岩彦、鷹彦、音彦、駒彦、そこへ俺の先生の亀彦様と六人連れだ。半ダース宣伝使と云つて随分名高いものだつたらしいぞ」
  2. 第13巻第5章同志打#:「然し岩彦の宣伝使長は、お化物の舌の上に乗せられて居つて」など。