お梅

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

お梅(おうめ)は、

(1) 霊界物語に登場する人物。5人いる。

  1. 第11巻に登場するお梅は、梅ケ香姫のこと。 →「松竹梅の宣伝使
  2. 第14巻第16章返り咲#に登場するお梅は、小山村お竹の兄・松公の妻。[1]
  3. 第20巻第6章梅花の痣#に登場するお梅は、松鷹彦の娘。お勝の幼名。 →「お勝
  4. 第34巻第35巻に登場するお梅は、武野村の侠客・虎公の妹[2]お愛(虎公の妻)の義理の妹。年齢は15歳[3]大蛇の三公たちによって、お愛と共に生き埋めにされそうになる。初出:第34巻第17章向日峠#虎公の妹と言っても実の妹ではなく、拾われた子である。フサの国の生まれで、お松お竹という2人の姉がいたが、小さい時に生き別れた。お松は海を渡ってどこか遠い国へ行き、お竹はコーカス山へ行ったきり行方不明。両親は、バラモン教鬼雲彦に連れて行かれ殺された。お梅は悪者に誘拐され、筑紫ケ岳の頂上で虎公によって救われ、以後は妹として面倒を見てくれた[4][5]
  5. 第70巻第16章天降里#に登場するお梅は、シグレ町の賓民窟の長屋に住む婦人。お竹と井戸端会議をする。

なお、第14巻第10章牡丹餅#与太彦のセリフ「同じ事ならあのそれ、お梅サンによそつて貰へば一入、美味いやうな気が致します哩」[6]の「お梅」は、前後の文脈から考えると「お竹」の誤字ではないかと思われる。

(2) 出口澄子が15歳の頃に花月という宿屋で働いていた時に、お梅という名前で呼ばれていた。[7] [8]

(3) 与助オキの娘の梅子のこと。[9] [10]

脚注

  1. 第14巻第16章返り咲#:「小山村のお竹の生家は春の屋と謂ふ。爺サンの名は鶴助、婆サンはお亀、息子の名は松公、女房はお梅と謂ふ」
  2. 第35巻第2章出陣#:「娘のお梅に出会し 事情を聞けば武野村 義侠をもつて聞えたる 白波男の虎公が 妹と聞いて立ち留まり」
  3. 第34巻第17章向日峠#:「今年十五才になつた、お愛の義妹のお梅は」
  4. 第35巻第9章分担#新公お梅のセリフによる。
  5. 新公が「お梅の姉はお竹、お竹の姉はお松だ。黄泉比良坂の桃の実になつた松竹梅の宣伝使の生れ変りだからなア」と言っているが、生まれ変わりというのは冗談であろう。
  6. 御校正本p214,校定版p182,愛世版p176
  7. 幼ながたり』「3 因果応報ばなし#
  8. 大地の母 第5巻』「松竹梅#
  9. 幼ながたり』「8 幼なき姉妹#」:「私の家のすぐ下に与助さんという家があり、そのころ与助さんは亡くなっておられ、オキさんという後家さんとお梅さんというろうあの娘が残っていました」
  10. 大地の母 第4巻』「幼い日日#