五六七の世

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

この項目はまだ書きかけです。

五六七の世(みろくのよ)とは、

概要

  • 表記ゆれ:ミロクの世、みろくの世、弥勒の世、など。[1]
  • 類似の言葉に「松の世(まつのよ)」がある。

予言

  • 五六七の世には、日本人が5670万人になる。[2]
  • 五六七の世には、善いことも悪いことも一度に出てくる。[3]
  • ミロク様が世を治めるようになったことを五六七の世と呼ぶ。[4]
  • 五六七の世には、労働時間は1~3時間になる。[5]

脚注

  1. 霊界物語における使用回数は、 五六七の世48回、 ミロクの世29回、 みろくの世5回、 弥勒の世4回、 弥勒の代2回、 松の世73回、 松の代15回、 五六七の神世21回、 至治太平の世2回、 仁愛神政の世1回、 五六七の代8回、 ミロクの代6回、 みろくの代0回、 三六の代0回、 三六の世0回、 五六七神政65回、 五六七の神政13回、 ミロクの神政3回、 ミロク神政14回、 弥勒神政5回、 弥勒の神政2回、 仁愛神政2回、 仁愛の神政0回、
  2. 伊都能売神諭 大正7年12月23日#:「火水地(神国)が五六七である五六七の世となる時は、神国に住む日本の人民が五千六百七十万人となる」
  3. 伊都能売神諭 大正7年12月23日#:「五六七の世には、善き事も悪き事も一度に出現るぞよ」
  4. 伊都能売神諭 大正7年12月23日#:「撞の大神様ミロク様が、肝心の世を治め遊ばす経綸となりたのを、五六七の世と申すのであるぞよ」
  5. 出口京太郎・編著『出口王仁三郎の示した未来へ』p101:「王仁三郎翁は〝ミロクの世(地上天国)が来たら、労働時間は、一日一時間から三時間で足りる〟とおっしゃっています」

関連項目