美山彦・国照姫 (棒振彦・高虎姫)

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
棒振彦から転送)
Jump to navigation Jump to search

この項目では、邪神である美山彦について説明しています。正神である美山彦については「言霊別命」をご覧ください。

この項目では、邪神である国照姫について説明しています。その他の国照姫については「国照姫 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

美山彦(みやまひこ)と国照姫(くにてるひめ)は、霊界物語に登場する人物。正神である美山彦とその妻・国照姫の名を、邪神である棒振彦・高虎姫が騙った。

本項では、邪神である偽の美山彦偽の国照姫(本名は棒振彦・高虎姫)について解説する。

 →正神である真の美山彦と真の国照姫(それぞれ「言霊別」「言霊姫」に改名した[1])については「言霊別命」「言霊姫」を見よ

概要

  • 初出:第1巻第50章死海の出現#(棒振彦・高虎姫)、第2巻第2章邪神の再来#(美山彦・国照姫)
  • 棒振彦・高虎姫の前身は邪神の竹熊・木常姫である。死海で死んだ後、棒振彦・高虎姫として再生した。 →「竹熊」「木常姫」を見よ
  • 霊界物語において「美山彦」「国照姫」と呼ばれている人物は、ほとんどの場面で偽の美山彦・偽の国照姫を指している。(ただし「国照姫」という名の人物は4人いる→「国照姫 (曖昧さ回避)」を見よ)
  • 真の美山彦(つまり言霊別命)は「美山彦命」と呼ばれ、偽の美山彦は「命」が付かず単に「美山彦」と呼ばれている。
  • 真の美山彦が「美山彦命」と呼ばれている場面は、第2巻第3章と第5章だけであり、それ以外は改名後の「言霊別命」と呼ばれている。
  • 真の美山彦は大八洲彦命の参謀であり、最も信頼されている神人である。美山彦の声望は世界に知られていたが、その風貌は知られていなかった。それを知った棒振彦は、名を美山彦と偽り、高虎姫は名を国照姫(真の美山彦の妻)と偽った。[2]
  • 二人は常世姫の部下である[3]
  • 野心を持って竜宮城に長く仕え、地の高天原の事情によく通じている。[4]
  • 鬼城山にアジト(砦[5]、隠れ家[6])がある。

関連人物

  • 竹熊:美山彦の前身。
  • 木常姫:国照姫の前身。
  • 玉能姫:美山彦の妻(一番目)。
  • 小杉姫:美山彦の妻(二番目)。
  • 国照姫(偽の国照姫):美山彦の妻[7](三番目)。木常姫の再来である高虎姫が、国照姫(真の美山彦の妻)の名を騙った。
  • 小桜姫:美山彦の娘[8]
  • 須賀彦:小桜姫と夫婦になり、美山彦の養子となる[9]
  • 鬼熊彦:美山彦の部下[10]。その正体は蚊取別
  • 清彦:美山彦の部下。清熊の変名。[11]
  • 鬼雲彦:美山彦の砦にいたことがある。[12]
  • 杵築姫鬼姫の再来。美山彦・国照姫の仲間の邪神。
  • 田野姫:国照姫が竜宮城に入り込ませた探女。

主なエピソード

美山彦と国照姫はたいてい行動を共にしており、両者のエピソードはほぼ同じである。

似た名前の人物

脚注

  1. 第2巻第5章黒死病の由来#:「茲に美山彦命は諸神司の正邪去就の判別に迷はされむことを慮り、稚桜姫命の神命を奉じて言霊別命と改名し(略)また国照姫も言霊姫と改名されることになつた」
  2. 第2巻第3章美山彦命の出現#
  3. 第2巻第17章佐賀姫の義死#:「一方よりは常世姫の部下美山彦、国照姫の魔軍より攻撃され」、第2巻第40章山上の神示#:「このとき常世姫の部下たる美山彦、国照姫は杵築姫を部将とし」
  4. 第4巻第6章怪また怪#:「竜宮城に野心を包蔵して永く仕へゐたる美山彦、国照姫は、地の高天原の事情によく通じゐたるを幸ひ」
  5. 第6巻第2章瀑布の涙#:「名も恐ろしき鬼城山、曲の棲処と聞えたる、棒振彦や高虎の、醜男醜女の砦を造り」
  6. 第6巻第3章頓智奇珍#:「ここは鬼城山の美山彦が隠れ家にして」
  7. 第6巻第4章立春到達#:「妾は美山彦の妻なる国照姫が」
  8. 第3巻第10章無分別#:「美山彦の一女に小桜姫といふ絶世の美しき若き女性あり」
  9. 第3巻第11章裸体の道中#:「須賀彦をつかはし、神命を伝へしめたまへども、これまた、小桜姫の容色に迷ひて命に背き、美山彦の養子となりて
  10. 第6巻第3章頓智奇珍#:「美山彦の部下なる鬼熊彦なりき」
  11. 第8巻第13章修羅場#蚊々虎のセリフ「清熊の変名清彦と云ふ奴」「鬼城山の棒振彦の参謀清熊どうぢや、往生したか」
  12. 第15巻第3章十六花#:愛子姫らのセリフ「ヤア汝こそは悪逆無道の鬼雲彦、前生に於ては竜宮城に仕へ、神国別の部下とならむとして、花森彦命に妨げられ、是非なく鬼城山の棒振彦が砦に参加し、神罰を蒙つて帰幽したる悪魔の再来、復び鬼雲彦と現はれて、この顕恩郷に城砦を構へ」
  13. 第6巻第4章立春到達#:「吾が山寨に入り来れるは」、「この山寨に俘虜となりしは」
  14. 第6巻第4章立春到達#春日姫のセリフ「妾は美山彦の妻なる国照姫が、ウラル彦に招かれて、ウラル山に出発せしより」
  15. 第12巻第27章航空船#:「美山彦、国照姫をしてアーメニヤを死守せしめ、自ら黄泉島に渡りて第二の作戦計画を廻らしつつありける」「美山彦も一旦月照彦命、足真彦命の為めに言向け和され善道に立返りしが、再び邪神に憑依され、忽ち心魂くらみ国照姫の言を容れて、又もやウラル彦の部下となり、悪逆無道の行為を専らとするに至りたるなり」「茲にアーメニヤの神都には、表面美山彦はウラル彦命と称し、国照姫はウラル姫命と称して虚勢を張り、数多の魔神を集めてこの都を死守し、黄泉島と相待つて回天の事業を起さむと企て居たりき」
  16. 第13巻第2章波斯の海#:「ウラルの彦やウラル姫 コーカス山に現はれて(略)今は僅に美山彦 国照姫の曲神を 守護の神となぞらへ 常世の国に打渡り 随従の神を海原の 浪に漂ふ一つ島 宝の島に出立たせ 山の尾上や川の瀬を」
  17. 第13巻第4章夢の幕#:「アーメニヤの神都は殆ど零敗に帰し。今は僅に美山彦、国照姫の曲津見が弧塁を死守するのみ」

関連項目

  • 不動岩:真の美山彦(言霊別)がロッキー山に造った石神像。