竹熊

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

竹熊(たけくま)は、霊界物語に登場する人物。「悪神」[1]「邪神の棟梁」[2]。戦いに敗れて「死海の怨霊(悪霊)」[3] [4]となり、再生して棒振彦になる[4](後に美山彦と詐称する)。

概要

主なエピソード

  • 第1巻の第25~50章のほぼ全ての章に、竹熊が登場する。 →詳細は「第1巻」を見よ
  • 第1巻第25章で、最初は、武蔵彦一派(武蔵彦春子姫足長彦)の部下的な立場で登場する──武蔵彦一派は黄金橋破壊[7]に失敗した後、再び黄金橋を占領破壊するために悪神たちを集めた。竹熊は木常姫と共に、その大将になっている[8]
  • 同じ章の後半以降、武蔵彦は登場しなくなり、最後の第50章まで、竹熊が悪神の活動の中心となり、竹熊一派と呼ばれるようになる。[9]

竹熊一派の主な活動

関係が深い人物

名前が似ている人物

脚注

  1. 第1巻第25章#:「その時に参加した悪神は竹熊、木常姫を大将とし」、第21巻第18章#:「昔竹熊と云ふ悪神が居つて」
  2. 第3巻第45章#:「エデンの園は、かつて邪神の棟梁竹熊の割拠せし所にして」
  3. 第1巻第50章#:「竹熊の霊魂はその後死海の怨霊となつた」
  4. 4.0 4.1 第2巻第5章#:「死海の悪霊となりし竹熊、木常姫は、再生して棒振彦、高虎姫と化り」
  5. 第1巻第27章竜宮城の死守#
  6. 第1巻第25章#
  7. 第1巻第24章神世開基と神息統合#
  8. 第1巻第25章武蔵彦一派の悪計#:「武蔵彦、春子姫、足長彦の悪神は、最初の黄金橋破壊に失敗したので、こんどは大挙して一挙に之を打ち落さむとし(略)その時に参加した悪神は竹熊、木常姫を大将とし」
  9. 第1巻第25章武蔵彦一派の悪計#:「一旦退却した竹熊の一派は」「竹熊一派を憐れみ」

関連項目