玉能姫 (棒振彦の妻)

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

この項目では、棒振彦の妻の玉能姫について説明しています。お節が改名した玉能姫については「玉能姫」をご覧ください。

玉能姫(たまのひめ)は、霊界物語の登場人物。棒振彦(偽の美山彦)の妻。

概要

主なエピソード

高虎姫(偽国照姫)とともに悪事を繰り返す夫に対し、しばしば涙を流して善道に立ち帰るよう諫めた。

しかし棒振彦は妻の言葉を一言も耳に入れないため、夫を改心させようと焦心し、遺書を遺して紅海で投身自殺する。

棒振彦は悲しむどころか、逆に自分を妨害する妻がいなくなったことを喜んだ。

(棒振彦は高虎姫の部下の小杉姫を後妻に迎えるが、小杉姫は心中、二人の悪計に憤怒していたため、これを大八洲彦命に密告して怨みを晴らそうとする。が、二人に気付かれて、放逐されてしまう)