玉能姫

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

玉能姫(たまのひめ)は、霊界物語の登場人物。2人いる。

  1. 棒振彦(偽の美山彦)の妻の玉能姫。 →「玉能姫 (棒振彦の妻)」を見よ
  2. お節(丹波村平助の孫娘)が改名した玉能姫。

本項ではお節が改名した玉能姫について解説する。 →「丹波村の平助親子」も見よ


概要

  • 初出:第16巻第20章思はぬ歓#(お節)、第19巻第12章言照姫#(玉能姫)[1]
  • お節のフルネームは「節子姫(せつこひめ)」。第17巻第1章黄金の衣#に2回出るだけで、それ以外は「お節」と呼ばれている。
  • お節は丹波村の平助・お楢の孫娘。両親はすでに帰幽。祖父母により育てられた。[2]
  • 20歳前後の優しい女性。[3]
  • 青彦若彦国玉別)と結婚する。お節が青彦に恋したことは第17巻第10~11章に出ているが、いつ結婚したのかは明確ではない。第18巻第5章で二人は再会し[4]、第19巻第10章ではすでに結婚したことになっている[5]
  • 玉能姫は「国直姫命の御霊の裔」である。[6]
  • 玉能姫の霊魂は天理教祖(中山みき)として顕れた。[7]

主なエピソード

お節時代

玉能姫時代

脚注

  1. 第19巻第12章言照姫#:エンゼル(言照姫命)のセリフ「此上はお節に対し、玉能姫と云ふ神名を賜ふ。竜若は今より竜国別馬公駒彦鹿公には秋彦熊彦には千代彦虎彦には春彦と神名を賜ふ。汝等玉能姫を師と仰ぎ協心戮力神界のために全力を尽せ」
  2. 第16巻第21章御礼参詣#平助のセリフ「若夫婦には先立たれ、たつた一人の孫を娘として育て上げ」
  3. 第19巻第11章変態動物#:「三十路を越えた一人の女(注・松姫のこと)と、二十前後の優しい女、桐の丸火鉢を中にひそひそと何か囁き話を始めて居る。 お節『松姫様」
  4. 第18巻第5章赤鳥居#:「お節『ア、貴方が青彦さま、お懐しう御座います。能うマア無事で居て下さいました』と嬉しさに前後を忘れ、青彦の手に獅噛み付く様に身体をもだえ泣き叫ぶ。」
  5. 第19巻第10章馬鹿正直#:熊彦のセリフ「青彦の裏返り者の女房お節が」
  6. 第33巻第17章感謝の涙#:「稚姫君命の御霊の裔なる初稚姫は金剛不壊の如意宝珠を永遠に守護し、国直姫命の御霊の裔なる玉能姫は紫の玉の守護に当り」
  7. 第24巻の初版(大正12年5月10日発行)の最後の章(第16章「慈愛の涙」、P382)に次の一文がある。「因(ちなみ)に云ふ。初稚姫(はつわかひめ)の霊魂(みたま)は三十万年の後に大本教祖出口直子と顕はれ、玉能姫の霊魂は天理教祖と顕はれ玉ふ」。しかし第三版(昭和8年7月30日発行)では(P334)、「因に云ふ。初稚姫の霊魂は三十万年の後に大本教祖出口直子と顕はれ給ふ神誓である」になっており、玉能姫の部分は削除されている。第二版か第三版で削除されたようである。
  8. 第22巻第9章清泉#:「急坂を太き竹製の手桶を両手に提げ、背恰好、容貌、寸分違はぬ三人の女、ニコニコしながら二人の前に現はれ来り」
  9. 第22巻第9章清泉#:「三人の女は、『旭さま……月日さま……ヤア高倉さま……さア帰りませう』と互に白狐と還元し、魔谷ケ岳の蜈蚣姫が館を指して進み行く」
  10. 第22巻第9章清泉#:「此時以前の女神又もやパツと此場に現はれた」
  11. 第22巻第10章美と醜#「と云ふかと見れば姿は煙となつて消えて仕舞つた」
  12. 第27巻第7章猫の恋#:「玉能姫は生田の森の館に帰りて駒彦と共に神業に従事する事となつた」
  13. 第27巻第16章琉球の神#言依別命のセリフ「若彦さま、御苦労だが二つとも貴方が守護して、再度山の麓なる玉能姫の館へ持帰り、夫婦揃うて此玉を保管をし乍ら、神界の御用をして下さい」
  14. 第33巻第18章神風清#:「紫色の宝玉の御用に仕へたる玉能姫は生田の森の神館に於て、若彦(後に国玉別と名を賜ふ)と夫婦相並びて、生田の森の神館に仕ふることとなつた」