1月19日

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search
霊界物語第67巻第5章浪の皷#に記されている「神仏無量寿経」の最後。大正15年(1926年)8月19日発行の初版の78頁。
霊界物語第67巻第5章浪の皷#に記されている「神仏無量寿経」の最後。昭和6年(1931年)7月15日発行の再版の78頁。

1月19日は、出口王仁三郎が昇天した日。昭和23年(1948年)1月19日(旧12月9日)に昇天した。

  • 霊界物語第67巻第5章浪の皷#に記されている「神仏無量寿経」の最後は78頁で「惟神霊幸倍坐世。伊都能売の大神 謹請再拝」という18文字で終わっている(句読点や空白を除く)。これは王仁三郎が数え年78[1]18日まで現界にいて、19日目に霊界に去るという予言であると解されている。またその頁の最後の文字は「」であるが、昇天した昭和23年は年である。[2] [3]
  • バグワン・シュリ・ラジニーシ(Osho)は平成2年(1990年)1月19日に帰幽した。
  • 船井幸雄は平成26年(2014年)1月19日に帰幽した。

関連項目

外部リンク

脚注

  1. 王仁三郎は明治4年(1871年)7月12日生まれなので、数え年78歳で昇天したことになる。
  2. 『新月の光』1284「七十八歳一月十九日昇天の啓示」
  3. 出口和明予言と神話』p22