加藤明子

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

この項目はまだ書きかけです。

加藤明子(かとうはるこ)は、大本信徒。霊界物語三鏡の筆録者。生年不明、昭和9年(1934年)7月8日帰幽(59歳)[1] [2]

  • 昭和9年(1934年)3月から病気のため関東別院で療養していた。7月8日に帰幽、同10日に天恩郷祥明館にて皇道大本葬による告別式が執り行われた。[3]
  • 王仁三郎の「秘書」と紹介される場合もある。[4]

脚注

  1. 大本年表
  2. 真如の光』昭和9年(1934年)7月25日号p18、7月8日帰幽、同10日葬儀。
  3. 神の国』昭和9年(1934年)9月号p93,94
  4. 神の国』昭和9年(1934年)9月号p93:「出口聖師の秘書として大祥殿講師として大正八年来皇道大本の発展に寄与された加藤明子氏は」