出口宇知麿

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

出口宇知麿(でぐち うちまる)(1903年 - 1973年)は王仁三郎の三女・八重野の夫。本名は伊佐男。宇知麿は大本名。宇知丸とも書く。旧姓・佐賀。(佐賀伊佐男、出口伊佐男)

  • 明治36年(1903年)1月15日(旧12月17日)愛媛県喜多村常盤町(現在の大洲市)で生まれる。父・佐賀亀吉、母・シナヨの長男。4歳年上の姉・トモヱがいる。[1]
  • 8歳で父と死別。八幡浜商中退。[2]
  • 大正7年(1918年)10月10日、綾部に移住。[3]
  • 大正11年(1922年)10月、出口家に入り、宇知麿と名付けられる[4]。「内を丸く守れよ」という意味で王仁三郎が名付けた。[5]
  • 大正13年(1924年)節分、八重野と結婚。[6]
  • 二代教主(澄子)と三代教主(直日)の教主補佐となる。[7]
  • 昭和48年(1973年)5月6日(旧4月4日)帰幽。70歳。

子に出口和明(やすあき)、佐賀雄美(いさみ)がいる。

脚注

  1. 大地の母 下巻』707頁
  2. 大地の母 下巻』707頁
  3. 大地の母 下巻』725頁
  4. 大本七十年史 上巻』713頁
  5. 第三次大本事件の真相』187頁
  6. 大本七十年史 上巻』718頁
  7. 第三次大本事件の真相』187頁