ラジオシンター

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラジオシンター(らじおしんたー、ラヂオシンター)とは、温泉の沈殿物のことで、高度のラジウムが含まれていることからラジオシンターと命名された。シンター(sinter)とは温泉沈殿物(湯の花)のこと。

北海道長万部の二股ラジウム温泉には湯の花による巨大なドームが形成されている。大正9年(1920年)に東京帝大の脇水鉄五郎教授が調査研究を行い「ラジオシンター」と命名した。その効能から「新薬ラヂオシンター」は「世の総ての病気は苦もなく全治」する[1]とまで言われた。

霊界物語第47巻の治国別の天界旅行の場面で言及されている。治国別竜公の質問に五三公が次のように答えている。〔第47巻第20章間接内流#

  • 人体の組織を害するため健康な肉体の飲むものではないが、九死一生の病人にはよい。
  • 霊国から地上に下る霊薬であって、服用すれば未だ現界で生きて働くべき人間は速やかに元気が回復し、霊界に来るべき運命にある人間は断末魔の苦痛を逃れ楽々と霊肉脱離することができる。
  • 霊国ではこれで「霊丹」という薬を作る。治国別や竜公が第二天国の入口で木花姫命から頂いた霊薬がそれである。霊に充ちている薬だから「霊充」(れいじゅう)と呼ぶ。これを地上の人間は「ラジウム」(ラヂウム)と呼んでいるが語源は一緒。

脚注

  1. ラヂオ堂同人・著『生物生存原素 ラヂオシンター』大正10年初版・大正12年訂正再版、ラヂオ堂出版部、P4(国立国会図書館デジタルコレクション

外部リンク