大黒主調伏相談会

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

大黒主調伏相談会(おおくろぬし ちょうふく そうだんかい)とは、霊界物語のエピソード。神素盞嗚大神大黒主を言向け和すために三五教の宣伝使たちを斎苑の館に集合させて開いた大会議である。第39巻第1章大黒主#第3章出師#に記されている。

内容

バラモン教の大教主・大黒主鬼雲彦)は、月の国ハルナの都に本拠を構え、月の国の七千余の国々を支配していた。

神素盞嗚大神自転倒島を始め、フサの国竜宮島高砂島筑紫島などには神教を宣伝し三五教化していたが、何故か月の国には宣伝を行なわずに放置していた。

そのため大黒主はますます増長し、三五教の本拠である黄金山や、コーカス山ウブスナ山の神館をも支配下に置こうと着々と準備を進めていた。

神素盞嗚大神斎苑の館に数多の神司を集めて、大黒主調伏の相談会を開いた。

そのメンバーは、

日出別神吾勝命)、八島主神熊野樟日命)、東野別命東助)、時置師神杢助)、玉治別初稚姫五十子姫玉国別音彦)、幾代姫照国別梅彦)、菊子姫治国別亀彦)、浅子姫岩子姫今子姫悦子姫黄竜姫蜈蚣姫

コーカス山からは、

梅子姫東彦高彦北光神高光彦玉光彦国光彦鷹彦秋彦

など数多の神司が集まって、大黒主を言向け和すため協議を行なった。その結果、次の5隊がハルナの都大黒主の館に向かうことになった。言霊隊とか宣伝使隊と呼ばれている。

この人選はみなの同意を得ながら進めて行ったが、実は神界の御経綸によって最初からメンバーはほぼ決定されていた。しかし神素盞嗚大神は自分の娘の夫が3人も(照国別、玉国別、治国別)そこに含まれていたため、あからさまに言いかねて、それで日出別神に命じて相談会を開かせて、合議によって決定されるように仕向けたのである。

その他

  • この相談会には今までに登場した有名宣伝使がオールスターで登場する。三五教が総力を挙げて取り組んだといえる。
  • 「調伏」はもともと仏教用語で、怨敵・魔障を降伏させることをいう。「ちょうぶく」または「じょうぶく」と読むが、霊界物語には「てうふく」(現代仮名遣いだと「ちょうふく」)とルビが振ってある。