秋彦

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

秋彦(あきひこ)は、霊界物語の登場人物。旧名は鹿公(しかこう)(鹿公という人物は複数いる→「鹿公」)。

紫姫の家来の鹿公・馬公コンビの鹿公[1]に、エンゼルが「秋彦」という神名を与えた[2]。以後は「秋彦」という名で登場する。ニックネームとして「秋公」と呼ばれる。

概要

主なエピソード

第17~19巻

第20・23巻

第25巻以降

脚注

  1. 鹿公は第17巻第13章紫姫#で初登場。
  2. 第19巻第12章言照姫#で秋彦に改名する。「お節に対し、玉能姫と云ふ神名を賜ふ。竜若は今より竜国別、馬公は駒彦、鹿公には秋彦、熊彦には千代彦、虎彦には春彦と神名を賜ふ」
  3. 【例】第17巻第13章紫姫#:紫姫のセリフ「ヤアお前は鹿に馬、能うマア無事に居て下さつたナア」