五三公

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

五三公(いそこう)は、霊界物語に登場する人物。治国別の従者3人(万公晴公・五三公)の中の1人。言霊別命の化相身[1](下の記述を参照)。

概要

主なエピソード

→「第43巻」「第44巻」「第45巻」「第46巻」「第47巻」「第48巻」を見よ

  • 言霊別命月の大神の命により地上に降り、五三公の精霊を充たし、治国別の弟子に「化相」して活動していた。ただし言霊別命と五三公は別個の人間であり、言霊別命が五三公になったわけではない。治国別竜公天国巡覧の際に、その事実を言霊別命から聞かされる。[2] [3] [4]

脚注

  1. 第48巻第10章天国の富#及び第48巻第11章霊陽山#:「言霊別命の化相身なる五三公」
  2. 第47巻第19章化相神#:(言霊別命のセリフ)「私は月の大神の御側に仕へまつる言霊別命で厶います。此度大神の命に依り、地上に降り、五三公の精霊を充たし神国成就の為に、貴方と共に活動をしてゐた者で厶います。夫れ故私と五三公とは全く別個の人間です(略)今後に於ても時々五三公の精霊に下り、地上に天国を建設する為、化相を以て活動を致しますれば、五三公はヤハリ貴方の徒弟としてお使ひを願ひます」
  3. 第46巻第22章五三嵐#:(五三公の歌)「天教山に現れませる 日の出神や木の花の 咲耶の姫の命もて 千変万化に身を変じ 卑しき人の体に入り 名も五三公と改めて 治国別の弟子となり」
  4. 第48巻第3章観音経#:「此処に言霊別の神 治国別の徒弟なる 五三公さまと現はれて」

似た名前の人物