重音

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

重音(じゅうおん)とは、言霊学において、ガゴグゲギ、ザゾズゼジ、ダドヅデヂ、バボブベビの計四十声を指す[1]

なお、国語学ではこれを「濁音」と呼ぶ。

関連項目

脚注

  1. 第74巻総説#:「又アカサタナハマヤワの九行四十五音は正清音にして、ラロルレリは濁音なり。ガゴグゲギ、ザゾズゼジ、ダドヅデヂ、バボブベビは重音にして、言霊の重なれるを言ふ。チチの父を重ぬればヂヂ(祖父)となり、ハハの母を重ぬればババ(祖母)となるが如し。パポプペピは撥音なり」