言霊の道・先覚者略伝集

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

言霊の道・先覚者略伝集(ことたまのみち せんかくしゃりゃくでんしゅう)は、吾郷清彦(1908~2003年[1])の著書。言霊の研究・普及に功績のあった先覚者74名を顕彰するためにその略伝を記した本。p173に出口王仁三郎が紹介されている。

本書で「言霊」のフリガナは「ことたま」である。

概要

題名 言霊の道・先覚者略伝集
著者 吾郷清彦
発行人 倉田地久
発行日 平成3年(1991年)5月10日
発行所 言霊の道先覚者慰霊顕彰普及会言霊普及会)(所在地は近江神宮内)
頁数 348
定価
OBN OBN:1922

目次

  • p001/コトタマの響き  言霊普及会会長 佐藤久忠
  • p003/巻頭の辞  言霊普及会副会長 倉田地久
  • p006/刊行によせて  言霊普及会副会長 山本行隆
  • p010/はじめに
    • p011/言霊の定義
    • p012/言霊学の概要
    • p018/言霊信仰
  • 言霊の道・先覚者略伝(生年月日順)
    • p025/1 三輪李聡
    • p031/2 中臣大鹿島命
    • p037/3 太安万侶
    • p040/4 稗田阿礼
    • p043/5 柿本人麿
    • p048/6 山上憶良
    • p051/7 吉備真備
    • p057/8 朝倉信舜
    • p060/9 大友能直
    • p067/10 契沖
    • p071/11 荷田春満
    • p074/12 賀茂真淵
    • p077/13 和仁估容聡(推定)
    • p082/14 本居宣長
    • p085/15 溥泉
    • p090/16 富士谷成章
    • p092/17 林 圀雄
    • p094/18 山口志道
    • p098/19 富士谷御杖
    • p100/20 中村孝道
    • p105/21 高橋残夢
    • p106/22 平田篤胤
    • p109/23 橘 守部
    • p111/24 鹿持雅澄
    • p114/25 小笠原通当
    • p117/26 大国隆正
    • p122/27 富樫広蔭
    • p124/28 鈴木重胤
    • p126/29 堀 秀成
    • p130/30 本田親徳
    • p133/31 副島種臣
    • p135/32 小笠原長弘
    • p137/33 大石凝真素美
    • p145/34 佐野経彦
    • p152/35 藤岡好古
    • p154/36 小笠原長武
    • p158/37 長沢雄楯
    • p160/38 清原道旧
    • p162/39 川北朝弘
    • p165/40 川面凡児
    • p169/41 荒深道斉
    • p173/42 出口王仁三郎
    • p180/43 内山智照
    • p183/44 水谷 清
    • p185/45 水野満年
    • p187/46 朝倉尚絅
    • p189/47 琴陵光凞
    • p192/48 渥美 勝
    • p196/49 鬼倉足日公
    • p200/50 岡本米蔵
    • p202/51 春日興恩
    • p206/52 高根正教
    • p213/53 植芝盛平
    • p219/54 多田雄三
    • p228/55 武智時三郎
    • p230/56 田多井四郎治
    • p238/57 山本行輝
    • p243/58 江口英真
    • p252/59 友清歓真
    • p256/60 中野與之助
    • p260/61 山腰明将
    • p265/62 中西光雲
    • p270/63 岡本安出
    • p275/64 宇佐美景堂
    • p280/65 岡本天明
    • p286/66 有木春来
    • p291/67 手塚強之介
    • p301/68 岡田光玉
    • p306/69 小笠原孝次
    • p310/70 門脇稜日公
    • p317/71 苗代清太郎
    • p321/72 清水真照
    • p329/73 森 佐平
    • p334/74 岡田茂吉
  • p342/跋文  宮部誠一朗
  • p344/編集後記  吉田健一
  • p346/付録
    • 一 第一回言霊の道・先覚者慰霊顕彰祭記録
    • 二 慰霊顕彰祭発起人名簿

外部リンク

脚注

  1. 生年は本書奥付のプロフィールによる。明治41年(1908年)島根県生まれ。没年はウィキペディアの情報による。ウィキペディアには生年が1909年とあるが?