出口直美

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

出口直美(でぐち なおみ、1929~2020年)は、大本四代教主。出口直日(三代教主)の長女。

主な経歴

  • 昭和4年(1929年)7月30日(旧6月24日)生まれ。
  • 昭和20年(1945年)4月16日(旧3月5日)、家口栄二と結婚。(従姉妹の光平夫妻との合同での結婚式だった)[1] [2]
  • 昭和57年(1982年)5月26日、教主継承者としての地位を外される。(教主継承者は妹の三諸聖子に変更)
  • 平成2年(1990年)9月23日、三代教主・出口直日が帰幽し、直美は四代教主の就任を宣言する。
  • 平成3年(1991年)4月1日、出口直美を教主と仰ぐ信徒集団が「大本信徒連合会」を結成。
  • 令和2年(2020年)11月14日、帰幽。91歳。

家族

  • 父は日出麿。母は直日(三代教主)。
  • 4人きょうだい。妹に麻子聖子、弟に京太郎がいる。
  • 夫は栄二
  • 3人の娘がいる。[3]
    • 長女・直子(なおこ)昭和22年(1947年)1月25日生まれ。
    • 二女・御遊(おゆう)昭和23年(1948年)11月13日生まれ。
    • 三女:紫(ゆかり)昭和34年(1959年)6月25日生まれ。

脚注

  1. 出口栄二選集 第四巻』p288、p290、p416、p477
  2. 第三次大本事件の真相』p47
  3. 出口栄二選集 第四巻』p417
  4. 4.0 4.1 出口栄二選集 第四巻』p480

関連項目