熊公

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

熊公(くまこう)は、霊界物語の登場人物。10人いる。

  1. 第6巻に登場する、御年村を取り締まる熊公。初出:第6巻第45章大歳神#
  2. 第6巻に登場する、岩戸別神の前身の熊公。大の男。ローマの十字街頭で、広道別岩彦に殴りかかるが、硬直して銅像のようになってしまう[1]。この男は改心して宣伝使となった。この男は岩戸別神(別名・櫛岩窓神)の前身である[2]。「熊公」という名前は第49章で初めて出る[3]。しかし第50章では「熊彦」と呼ばれている[4]
  3. 第7巻で、ニュージーランドに向かう船に乗っていた熊公。単に「甲」「熊」とも記されている。乙と言い争う。第7巻第17章亀の背#だけに出る。
  4. 第7巻に登場する、豊の国の熊公。実は高照彦八十熊別)の仮の名。豊の国日の出神が訪れたときに谷川の道で雑談に耽っていた4~5人の杣人の1人。大男。初出:第7巻第38章雲天焼#。 →「高照彦」を見よ
  5. 第9巻に登場する熊公。ハラの港から出航したアタル丸の乗客で、虎公と雑談している。虎公は海に身を投げ、熊公は助けようと飛び込む。2人は巨大な亀(琴平別神)に助けられた。熊公は後に岩拆の神となり黄泉比良坂の神業で大功を立てる。初出:第9巻第18章初陣#
  6. 第19巻に登場する、松姫館の門番の3人(竜若熊彦虎彦)の中の熊彦のこと。初出:第19巻第10章馬鹿正直#。 →「熊彦」を見よ
  7. 第22巻に登場する熊公。鷹鳥山に現われたバラモン教の部下5人のうちの1人。他の4人は蜂公金公銀公鉄公。初出:第22巻第9章清泉#。それ以降は単に「熊」と呼ばれ第14章まで出る。
  8. 第34巻に登場する熊公。熊襲の国武野村の侠客・虎公の一の子分。第34巻第14章落胆#だけに出る。
  9. 第45巻に主に登場する、酔いどれの熊公。赤ら顔の四十男。ウラル教からウラナイ教に転教。お寅の元・夫。権太というあだ名がある。初出:第45巻第10章棚卸志#
  10. 第80巻に登場する熊公。水上山厳ケ根の家臣。笑ひ婆アの計略で、虎公とともに命を落とした。初出:第80巻第3章復活#

虎公」(虎彦)という名の人物と一緒に登場するケースが多い。

脚注

  1. 第6巻第47章仁王と観音#:「たちまち大の男は拳を握り頭上に振り上げた刹那、全身強直して銅像のやうになつてしまひ、目ばかりギヨロギヨロと廻転させるのみであつた」
  2. 第6巻第48章鈿女命#:「十字街頭に拳を固め、口を開いたなり強直してゐた大の男は、いよいよ改心して宣伝使となり、天の岩戸の前において手力男命と相並び、岩戸を開いた岩戸別神の前身である。(略)岩戸別神の又の名を、櫛岩窓神と云ふのである」
  3. 第6巻第49章膝栗毛#:「二人の宣伝使と、岩彦および大の男熊公は、四五の役人と共に、都大路をトボトボと進み行く」
  4. 第6巻第50章大戸惑#:「岩彦や熊彦はこの珍味を前に据ゑられて」

関連項目