熊彦

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

熊彦(くまひこ)は、霊界物語の登場人物。4人いる。

  1. 第1巻に登場する熊彦。邪神・竹熊の一派。第1巻第26章魔軍の敗戦#第27章竜宮城の死守#に出る。
  2. 第6巻に登場する、岩戸別神の前身の熊彦。最初は「熊公」と呼ばれている。 →「熊公」を見よ
  3. 第19巻に登場する、松姫館の門番の三人(竜若、熊彦、虎彦)の一人。「熊公」と呼ばれる場合もある。初出:第19巻第10章馬鹿正直#。大変師匠思いの男[1]で、松姫の跡を追い、肉体は松姫館に置いたまま霊魂のみで高熊山の巌窟の館までやって来た[2]
  4. 第40巻に登場する熊彦。ハルナの都鬼熊別の家老。初出:第40巻第3章落橋#

脚注

  1. 第19巻第16章#:「これは私の家に居りまする熊公と云ふ大変師匠思ひの男で、門番や受付をして居るので御座います」
  2. 第19巻第16章#

関連項目

類似語