八彦・鴨彦

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

八彦(やつひこ)と鴨彦(かもひこ)は、霊界物語に登場する人物。ウラル教捕手[1]。二人一緒に登場することが多いため、同じページに記す。

概要

  • 初出:第11巻第7章露の宿#
  • 第11巻だけに出る。
  • 最初は「八公(やつこう)」「鴨公(かもこう)」と呼ばれており、第23章以降で八彦・鴨彦と呼ばれるようになる。
  • 単に「八」「鴨」と呼ばれる場合もある。

主なエピソード

以下、第11巻の最終章(第29章)まで2人は登場する。 →詳細は「第11巻」を見よ

脚注

  1. 第11巻第7章露の宿#東彦のセリフ「そら大変だ。彼奴はウラル彦の目付かも知れぬ」「ヤア、捕手だ」

関連項目