勝公 (曖昧さ回避)

提供: Onipedia
勝公から転送)
Jump to navigation Jump to search

勝公(かつこう)は、霊界物語に登場する人物。6人いる。

  1. 第11巻に登場する勝公は、ウラル教の目付。北の森 (新玉原)東彦高彦らを襲うが、逆に東彦に霊縛をかけられてしまう[1]。後に、明志の湖を渡る明志丸の船上で三五教に改宗している[2]黒野ケ原孔雀姫松代姫)の館に留まり、松代姫に代わって三五教を宣伝することになる[3]。初出:第11巻第7章露の宿#:「又もや群衆の中より頑丈な一人の男、鉄棒を携へ現はれ来たり」。
  2. 第14巻に登場する勝公は、三五教の宣伝使の勝彦のこと。 →「勝彦 (道彦)」を見よ
  3. 第19巻に登場する勝公は、来勿止神の関所の門番。やって来た松姫を応対する。初出:第19巻第14章声の在所#:「門番の一人甲は、横門を押し開け出で来り」(この甲が勝公。同僚の乙の名前は不明)。
  4. 第27巻に登場する勝公は、桶伏山の東麓にある高姫の館の門番。同僚に安公がいる。訪れた高山彦黒姫を応対する。第27巻第1章#第2章#だけに出る。
  5. 第37巻に登場する勝公は、上田喜三郎の家の隣に住んでいるデモ侠客で、浄瑠璃友達[4]。たいていは「嘘勝(うそかつ)」という仇名で呼ばれているが、第37巻第5章松の下#で1回だけ「勝公」と呼ばれている。本名は上田勝吉[5]。弟に上田長吉がいる。 →「上田勝吉」を見よ
  6. 第47巻に登場する勝公は、治国別の弟子・竜公の別名。第47巻第3章寒迎#で1回だけ「又の名を勝公さまだ」と名乗っている。 →「竜公」を見よ

関連項目

脚注

  1. 第11巻第7章#
  2. 第11巻第9章#
  3. 第11巻第12章#
  4. 第37巻第2章葱節#:「浄瑠璃友達で隣家の嘘勝と云ふデモ侠客が」
  5. 『大地の母 第二巻』「三大学則#」:「嘘勝は本名上田勝吉」