「梅公」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''梅公'''(うめこう)は、霊界物語に登場する人物。複数いる。 # 第11巻に登場する梅公。ウラル教の捕手。孔雀姫…」)
 
1行目: 1行目:
 
'''梅公'''(うめこう)は、[[霊界物語]]に登場する人物。複数いる。
 
'''梅公'''(うめこう)は、[[霊界物語]]に登場する人物。複数いる。
  
# [[第11巻]]に登場する梅公。[[ウラル教]]の捕手。孔雀姫(松代姫)の館の表門に現れた5人(松公、梅公、竹公、春公、秋公)のうちの1人。{{rm|11|13|転腹}}だけに出る。
+
# [[第11巻]]に登場する梅公。[[ウラル教]]の捕手。[[孔雀姫]]([[松代姫]])の館の表門に現れた5人([[松公]]、[[梅公]]、[[竹公]]、[[春公]]、[[秋公]])のうちの1人。{{rm|11|13|転腹}}だけに出る。
 
# [[第13巻]]以降に登場する[[梅彦]]([[半ダース宣伝使]])のこと。「梅公」という呼び方は、第13~14巻だけに出る。
 
# [[第13巻]]以降に登場する[[梅彦]]([[半ダース宣伝使]])のこと。「梅公」という呼び方は、第13~14巻だけに出る。
 
# 第18~19巻に登場する梅公。[[黒姫]]の部下で、[[浅公]]、[[幾公]]等と共に出る。初出:{{rm|18|8|蛙の口}}。<ref>{{rm|26|11|言の波}}の滝公(波留彦)の歌に出る「梅公」は、黒姫の部下の梅彦である。「普甲峠の'''梅公'''が 故智に倣つて船岡の 山の麓の森林に」</ref>
 
# 第18~19巻に登場する梅公。[[黒姫]]の部下で、[[浅公]]、[[幾公]]等と共に出る。初出:{{rm|18|8|蛙の口}}。<ref>{{rm|26|11|言の波}}の滝公(波留彦)の歌に出る「梅公」は、黒姫の部下の梅彦である。「普甲峠の'''梅公'''が 故智に倣つて船岡の 山の麓の森林に」</ref>

2019年9月11日 (水) 18:17時点における版

梅公(うめこう)は、霊界物語に登場する人物。複数いる。

  1. 第11巻に登場する梅公。ウラル教の捕手。孔雀姫松代姫)の館の表門に現れた5人(松公梅公竹公春公秋公)のうちの1人。第11巻第13章転腹#だけに出る。
  2. 第13巻以降に登場する梅彦半ダース宣伝使)のこと。「梅公」という呼び方は、第13~14巻だけに出る。
  3. 第18~19巻に登場する梅公。黒姫の部下で、浅公幾公等と共に出る。初出:第18巻第8章蛙の口#[1]
  4. 第39巻以降に登場する梅公。照国別の従者3人(照公国公梅公)の中の1人。初出:第39巻第3章出師#。 →「梅公別

脚注

  1. 第26巻第11章言の波#の滝公(波留彦)の歌に出る「梅公」は、黒姫の部下の梅彦である。「普甲峠の梅公が 故智に倣つて船岡の 山の麓の森林に」