竹公

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

竹公(たけこう)は、霊界物語に登場する人物。6人いる。

  1. 第11巻第13章転腹#に登場する竹公は、ウラル教捕手の役人。孔雀姫(その正体は松代姫)の館に現れた5人(松公竹公梅公春公梅公)の捕手の中の1人。
  2. 第19巻第14章声の在所#第15章山神の滝#に登場する竹公は、来勿止神の関所の門番。同僚に勝公がいる。
  3. 第21巻第15章化地蔵#に登場する竹公は、国依別(宗彦)のこと。 →「国依別
  4. 第33巻第19章報告祭#に登場する竹公は、三五教の信徒。錦の宮での奉告祭に参列した参拝者の1人。安公の友達。酒に酔って、虎公に絡む。
  5. 第46巻に登場する竹公は、小北山ウラナイ教の信者。「五六七成就の生宮」と自称している。妻は「旭の豊栄昇り姫の大神」と自称しているお福。初出:第46巻第4章沸騰#
  6. 第64巻上第22章妖行#に登場する竹公は、ユラリ教の元・信者の竹彦のこと。 →「竹彦

同音異名の人物

似た名前の人物