半ダース宣伝使

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

半ダース宣伝使(はんだーす せんでんし)とは、霊界物語第13巻以降に登場する、ウラル教から三五教に改宗した次の6人の宣伝使のことである。(詳細は各人の項目を見よ)

岩彦(いわひこ)
ヤッコスと名乗り清春山の岩窟に潜入。獅子に乗った文珠菩薩として変幻出没する。
梅彦(うめひこ)
照国別と改名。八人乙女の二女・幾代姫と結婚する。クルスの森で弟子たちに「仁愛の真相」を開示する。
音彦(おとひこ)
玉国別と改名。八人乙女の三女・五十子姫と結婚する。フサの国懐谷で猿に目をかきむしられて失明してしまう。
亀彦(かめひこ)
治国別と改名。八人乙女の六女・菊子姫と結婚する。天国巡覧する。
駒彦(こまひこ)
言依別命の命でハルマンと名乗ってイルナの国に潜入する。
鷹彦(たかひこ)
半鳥半人のエンゼル。もともと三五教の宣伝使で、ウラル教に潜入し、他の5人を三五教に導いた。


  • 鷹彦以外の5人は名を変えながら頻繁に登場し、第13巻以降第72巻までのストーリー展開に重要な役割を果たしている。
  • 神命によりウラル教に潜入していた三五教の鷹彦が、5人を改心に導き、その5人が三五教の宣伝使として成長して、世界各地で三五教を弘めていくという構造になっている。
  • この6人を指すのに「半ダース」とか「半打(はんダース)」と呼ばれているが、「半ダース宣伝使」と呼ばれているのは1回だけである。[1]
  • 岩彦は「宣伝使長」と呼ばれる場合もある。[2]

脚注

  1. 第43巻第14章忍び涙#五三公のセリフ「梅彦に岩彦、鷹彦、音彦、駒彦、そこへ俺の先生の亀彦様と六人連れだ。半ダース宣伝使と云つて随分名高いものだつたらしいぞ」
  2. 第13巻第5章同志打#:「然し岩彦の宣伝使長は、お化物の舌の上に乗せられて居つて」など。