顕国の宮

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

顕国の宮(うつしくにのみや)は、霊界物語に登場する宮。コーカス山にある。最初はウラル教の管掌だったが、三五教の管掌となった後、「飯成の宮(いいなりのみや)」と改称された[1]

概要

主なエピソード

大気津姫ウラル彦ウラル姫を始め、衣食住に贅を尽くす体主霊従人種のこと)の一隊は、コーカス山中の最も風景の佳い場所に荘厳な宮殿を建設した。国魂の神として大地の霊魂である金勝要大神を始め、大地の霊力である国治立命、大地の霊体である素盞嗚尊の神霊を鎮祭した。この宮を「顕国の宮」と呼ぶ。

鎮祭の祭典は三日間続いた。数多の八王神(やっこすがみ)、ヒッコスクスの神(奇の神)たちは、酒に溺れ、歌い、踊り、舞い狂う。神殿は恐ろしい音を立てて鳴動を始めた。そこへ三五教の宣伝使たち(松竹梅の宣伝使石凝姥神天之目一箇神淤縢山津見神時置師神八彦神鴨彦神)が現れて宣伝歌を歌うと、神殿の鳴動はピタリと止んだ。大気津姫の一派は逃げ去った。

石凝姥神天之目一箇神天之児屋根神は、高倉ら白狐に、顕国の宮に捧げ奉れる稲、麦、豆、黍、粟の穂を銜えさせ、世界各地に播種させた。

その後、国治立命神素盞嗚命金勝要神の三柱を祭り、名を「飯成の宮」と改めた。〔ここまで、第11巻第23章保食神#

神須佐之男命地教山を発ち、顕国の宮に入り、天之目一箇神に十握の剣を多数造らせ、またアルプス山に派遣して鋼鉄を掘らせ数多の武器を造らせた。これが天照皇大神に疑いを持たせる種となる。〔第11巻第24章顕国宮#

脚注

  1. 1.0 1.1 第11巻第23章保食神#:顕国の宮を改めて飯成の宮と称へたり