霊界物語の怪物

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

この項目はまだ書きかけです。

霊界物語の怪物では、霊界物語に登場する怪物、怪獣、妖怪等の変わった生き物で、名称が付けられていないものについて解説する。

第28巻

球の島で日楯・月鉾を呑み込んだ大象のような怪物

第28巻第14章二男三女#にだけ登場する。舞台は琉球の球の島

1丈(約3m)もある鹿のような枝角を頭に戴いた、大象のような大きな動物。鏡のような巨大な眼。大きな口。洗濯屋の張り板のような長く広い舌。大象の幾倍もあるような大きな背中。……「麒麟」のような姿か?

象が鼻で子供を巻くように、舌で日楯月鉾をペロペロと巻き、喉の中へ二人一緒に呑み込んでしまった。

ユリコ姫八千代姫照代姫の3人を、やはり舌で巻いて背中の上に乗せ上げる。向陽山を目がけてドシンドシンと地響きさせながら進んで行く。

日楯・月鉾の二人は、怪物の腹の中で、別に苦痛も感じず、暖かい湯の中に入ったような心地で、運命を惟神に任した。

轟々と水音が聞こえたかと思うと、辺りはパッと明るくなった。見ると二人はすでに向陽山麓の大谷川の激流を渡り、その岸辺に立っていた。三人の女は岸の彼方にいて、川を渡った二人を恨めしげに眺めていた。

ここでようやく無言の行が終わり、口を開いた。