菅原道真

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

菅原道真(すがわらのみちざね、845~903年)は、平安時代の貴族、学者。

  • 伊都能売神諭大正8年3月12日#に「丹福鄰県の綾部の本宮山の山中に、国常立之尊の一つ屋を建て、神の都と致すに付いて(略)旧正月二十五日に弥々大本の支配と成りたのも、昔から定まりた日限であるぞよ。里の童か尻捲りはやつた、今日は二十五日と申して尻を捲つて走り遊ぶのは、今度の五六七の大神の御宮の地場が神の手に入る神示であるぞよ。一度に開く梅の花と申して在るのも、此二十五日に因縁あるぞよ。菅公の祭礼は二十五日、梅は定紋なり、二月は梅の開く月、其月の二十五日にはカミから此の大本の教や行り方を取調べに参りたのも、神徳発揚の守護であるぞよ」とある。「旧正月二十五日」とは大正8年(1919年)2月25日(旧1月25日)に大本が本宮山を購入したことだと思われる。「管公の祭礼は二十五日」とは、菅原道真が誕生した日[1]、太宰府へ左遷された日[2]、死亡した日[3]がいずれも25日であり、天満宮では毎月25日が「天神さんの日」になっている[4]ことを指している。
  • 王仁三郎が青年時代に獣医学の勉強のため住んでいた園部には、日本最古の天満宮(菅原道真の在世中に創建した)である「生身天満宮」がある。[5]
  • 霊界物語には数回、「菅原道真」や「管公」の名が出るが、特に重要ではない。
  • 新月の光』によると、王仁三郎は「道真は王仁の分霊だ」[6]と語っている。また「菅原道真を祭って天満天神と称しているのは、みろく様と菅原道真をいっしょに祭って天神となるのだ」[7]と語っている。

脚注

  1. 承和12年6月25日(西暦845年8月1日)
  2. 昌泰4年正月25日(西暦901年2月21日) 昌泰の変 - ウィキペディア
  3. 延喜3年2月25日(西暦903年3月26日)
  4. 北野天満宮公式サイト内「年中行事
  5. 玉鏡「生身天満宮」#
  6. 新月の光0037「忠勝」
  7. 新月の光0038「天満天神様」

外部リンク