比沼の真名井

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

比沼の真名井(ひぬのまない)は、霊界物語に登場する地名。丹波の国にある。豊国姫が出現した聖場。

概要

  • 表記ゆれ:比沼真名井、比沼真奈井、比沼の真奈井 [1]
  • 初出:第16巻第20章思はぬ歓#
  • 「比沼の真名井」は「真名井ケ岳」(真名井ケ嶽真名井山)または「真名井ケ原」のこと、あるいはそれらの総称として使われる。
  • 比治山の峰続きにある。[2]
  • 豊国姫が出現した「瑞の宝座」が、この聖場の中心になっている。[2]
  • 「瑞の宝座」は「真名井ケ岳にある」とも「真名井ケ原にある」とも霊界物語に書かれているが[3]、「真名井ケ岳」の「瑞の宝座」がある平坦になった場所を「真名井ケ原」と呼ぶのだと思われる。
  • 真名井と言っても井戸があるのではなく、清水が湧き出ている。[4]
  • 第16巻第20章~第17巻第6章は、丹波村から比沼真名井に至る道中が舞台となる。(丹波村の平助一家の物語)
  • 比沼真名井は一時、「神霊不在」になった。[5]

主なエピソード

現実の比沼の真名井

京丹後市峰山町の久次岳(ひさつぎだけ、標高541m)及びその麓にある比沼麻奈為神社に相応する。→詳細は「久次岳」「比沼麻奈為神社」を見よ

脚注

  1. 霊界物語においてそれぞれの表記の使用回数は「比沼真名井」4回、「比沼の真名井」20回、「比沼真奈井」5回、「比沼の真奈井」4回で、「比沼の真名井」が一番多い。
  2. 2.0 2.1 第17巻第7章#:(黒姫)「愈是れから比治山の 峰の続きの比沼真名井」、第17巻第9章#:「比沼の真名井ケ原に現はれ給ふ豊国姫の瑞の宝座に」、第18巻第8章#:「比治山峠の峰続き 比沼の真名井の神霊地 瑞の宝座に参拝し」、第27巻第14章#:「雲に聳ゆる比治山の 麓に清き比沼真奈井 豊国姫の永遠に 鎮まりゐます聖場に」
  3. 第17巻第3章#:「五人の裸男と共に道を左にとり真名井ケ岳の豊国姫の出現場を指して登り行く」、第16巻第20章#:「明日早朝真名井ケ原の豊国姫様の御降臨地を探しませう」、第17巻第9章#:「比沼の真名井ケ原に現はれ給ふ豊国姫の瑞の宝座に詣でたる」
  4. 第17巻総説歌#:「勇み進みて比沼真名井 清水湧き出る霊場に」
  5. 第27巻第16章#:(清子姫)「忽然として現はれ玉ひし豊国姫の御神姿、言葉静かに宣らせ玉ふやう………この宝座は、妾寸時神界の都合によつて或地点に立向ひ、神霊不在となれば」
  6. 第16巻第20章思はぬ歓#
  7. 第17巻第2章魔の窟#第3章生死不明#
  8. 第17巻第4章羽化登仙#
  9. 第17巻第6章瑞の宝座#
  10. 第17巻第9章大逆転#第10章四百種病#第27巻第15章情意投合#

関連項目