小幡神社

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小幡神社(おばたじんじゃ)は、出口王仁三郎が生まれた穴太の産土神社。

小幡神社の鳥居 平成24年(2012年)撮影
  • 鎮座地:京都府亀岡市曽我部町穴太宮垣内1
  • 主祭神:開化天皇(第9代天皇)
  • 彦坐王(ひこいますのみこ)と小俣王(おまたのみこ)を配祀している。
  • 延喜式内社。
  • 社家は上田姓で、かつては京都大学名誉教授の上田正昭(1927~2016年)が宮司を務めていた。
  • 由緒書によると、崇神天皇(第10代天皇、開化天皇の第二皇子)の命で派遣された四道将軍の一人で丹波地域を治めた丹波道主命(たんばのみちのうしのみこと)が、祖父である開化天皇を主神として祀ったことに始まる。開化天皇の第三皇子・彦坐王(丹波道主命の父)と、その子・小俣王(丹波道主命の異母兄弟)の三代を奉斎している。和銅元年(708年)に丹波国司・大神朝臣狛麻呂が社殿を建立した。
  • 現在の社殿は天和3年(1683年)に造られたもので、京都府の登録文化財になっている。
  • 社宝として、全国に3幅しかないという円山応挙(王仁三郎の七代前の先祖)の絵馬の一つが保存されている。
  • 現在は高熊山の麓の平地にあるが、霊界物語によると、上古には高熊山の山中にあった[1]
  • 上田喜三郎は明治30年(1897年)8月下旬から21日間、小幡神社に夜間ひそかに参籠して神教を乞い、その最後の日に三大学則を授かった。それを授けた神霊は異霊彦命(ことたまひこのみこと、本田親徳の霊)である。[2]
  • 霊界物語の初出:第1巻第1章霊山修業#

参考文献

  1. 第1巻第1章霊山修業#
  2. 出口王仁三郎著『本教創世記第三章#

関連項目

外部リンク