初花姫

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

初花姫(はつはなひめ)は、

(1) 霊界物語の登場人物。3人いる。

  1. 常世彦常世姫の娘。母の名前を襲名して二代目の「常世姫」となる。初出:第4巻第38章隙行く駒#。 →「常世姫 (二世)」を見よ
  2. イホの都で、蚊取別のセリフに「ハナの都の初花姫のやうな、立派な顔になつたよ」と出てくる。具体的に誰を指すのかは不明。第12巻第9章#だけに出る。
  3. 浮木の森で、高姫が「如意王の娘、初花姫」と偽名を名乗り、バラモン軍の片彦ランチ将軍を誘惑する。初出:第51巻第12章初花姫#。 →「高姫」を見よ

(2) 霊界物語第51巻第12章の章題。