「用語メモ」の版間の差分

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
35行目: 35行目:
 
* 霊界物語の読み方 「でありません」「であるんだ」→「でありませぬ」「であるのだ」に訂正。発音は「でありません」「であるんだ」と読む。{{rm09|21|0002|凡例}}
 
* 霊界物語の読み方 「でありません」「であるんだ」→「でありませぬ」「であるのだ」に訂正。発音は「でありません」「であるんだ」と読む。{{rm09|21|0002|凡例}}
 
* 「神」と「司」について {{rm|7|41|枯木の花}} [[高照彦]]のセリフ「父のこの世を知召す時代は神代といつて誰も彼も皆神の名を賜つたが、世界の立替以後大洪水の後のこの世は神の名は無くなつて、誰も彼も人といふ名になり、彼方、此方の頭するものばかりが司となつて、加美といふ名をつけることになつた」
 
* 「神」と「司」について {{rm|7|41|枯木の花}} [[高照彦]]のセリフ「父のこの世を知召す時代は神代といつて誰も彼も皆神の名を賜つたが、世界の立替以後大洪水の後のこの世は神の名は無くなつて、誰も彼も人といふ名になり、彼方、此方の頭するものばかりが司となつて、加美といふ名をつけることになつた」
 +
* 開化天皇の歌「若人のふるひ起つべきときは来ぬわかき日本の春はちかめり」 真如の光 昭和7年(1932年)11月15日号 p14 大本大祭概況の冒頭に掲げられている
 +
* 霊界物語 神劇 真如の光 昭和7年(1932年)11月15日号 p17,20に記事あり
  
 
{{デフォルトソート:*}}
 
{{デフォルトソート:*}}
 
[[Category:用語]]
 
[[Category:用語]]

2020年7月30日 (木) 18:21時点における最新版

オニペディア編集者用のメモ

  • 天の数歌の意味 求道居士 https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm5610#a095
  • 霊力体
  • 節分祭は「節分当夜十二時から始まります」 『真如の光』大正14年(1925年)12月15日号p28 12月25日号の後ろの方に公告あり「正夜中」
    • 夜11時、節分祭開始 『真如の光』大正15年(1926年)2月15日号p7
  • 世の人の呪ひを愛に宣り直す人のこころに神くにはあり 『真如の光』大正14年(1925年)12月25日号p55 詠み人不明
  • アマゾンモールバンドエルバンドそのままの映画 『ロストワールド』(ファーストナショナル社)ウィキペディア 『真如の光』大正15年(1926年)1月25日号p20,p40
  • 第60巻の天津祝詞神言「現今は使用せず」 使用しないようにとの注意 『真如の光』大正15年(1926年)4月5日号p37
  • 真如能光という題名は瑞月真如聖師の名にちなんだもの。『真如の光』大正15年(1926年)4月5日号p66
  • 「お杓子」を「みてしろ(御手代)」と奉称することになる。『真如の光』大正15年(1926年)4月25日号p81
  • 東京の確信会大本愛信会に改称 『真如の光』大正15年(1926年)6/5p45
  • 霊界物語第66巻の p2,p327-330 を切り取って発売せよとの、その筋からの命令が出た 『真如の光』大正15年(1926年)7月5日号p56
  • 霊界物語第72巻は「恋と欲」、第73巻は「醜の嵐」、第74巻は「千草の花」と題して、北国夕刊新聞に連載された。『真如の光』大正15年(1926年)8月15日号p65の広告
  • 大宣伝使に昇任 出口宇知丸井上留五郎西村光月の3人 『真如の光』大正15年(1926年)8月25日号p30
  • エスペラント単語百首かるた の広告 『真如の光』大正15年(1926年)12月5日号裏表紙
  • 大衆雑誌『世間』(経済倶楽部社)に王仁三郎の記事あり 『真如の光』大正2年(1913年)2月25日号p32に広告
  • 昭和2年(1927年)6/25 主婦の友社 取材 昭和2年(1927年)7/5号p43
  • 某信者が広島別院建設と偽ってお金を集めている。 真如の光 昭和2年(1927年)7/25号 p27,p36
  • 昭和3年(1928年)旧7月12日(新8月26日)現在、宣伝使の人数 2692人、別院数 6ヶ所、分院数 4ヶ所、分所支部 654ヶ所、修行者は毎日100名内外 『真如の光』昭和3年(1928年)9月5日号p57
  • 開祖が語った十曜の紋の意義 『真如の光』昭和3年(1928年)11月25日号p98 四方平蔵談
  • 黄泉比良坂の戦い に絡んで イザナミ(国の御柱神)はさっさと黄泉の国へ行ってしまった と噂話 第6巻第39章石仏の入水# 090~ / 第6巻第49章膝栗毛」/a109# / 第7巻第18章海原の宮」/a042# 国の御柱神さまが根の国へ逃げていった
  • 黄泉比良坂の戦い の季節は春 第10巻第14章松風の音」/a063# 春風に
  • 東京の東光会を清交会に改称 真如の光 昭和3年(1928年)12/5p49
  • 霊界物語の読み方 「でありません」「であるんだ」→「でありませぬ」「であるのだ」に訂正。発音は「でありません」「であるんだ」と読む。第21巻凡例#
  • 「神」と「司」について 第7巻第41章枯木の花# 高照彦のセリフ「父のこの世を知召す時代は神代といつて誰も彼も皆神の名を賜つたが、世界の立替以後大洪水の後のこの世は神の名は無くなつて、誰も彼も人といふ名になり、彼方、此方の頭するものばかりが司となつて、加美といふ名をつけることになつた」
  • 開化天皇の歌「若人のふるひ起つべきときは来ぬわかき日本の春はちかめり」 真如の光 昭和7年(1932年)11月15日号 p14 大本大祭概況の冒頭に掲げられている
  • 霊界物語 神劇 真如の光 昭和7年(1932年)11月15日号 p17,20に記事あり