愛善の道 (歌集)

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search
『愛善の道』(昭和22年発行)の表紙。
『愛善の道』(いづとみづ、平成5年発行)の表紙。

愛善の道(あいぜんのみち)は、出口王仁三郎の道歌集。昭和22年(1947年)発行。歌集『東の光』と霊界物語第61巻第62巻の歌の中から採録された。494首収録[1][2]

大本が昭和21年2月7日に愛善苑として新発足してから初めて出版した単行本であり、教典に代わるものとして普及し、『大本讃美歌』と共に神前礼拝の際に斉唱する神歌として併用された[3]

昭和32年(1957年)に大幅に増補され『大本の道(おおもとのみち)』に改題された。

概要

題名 愛善の道
著者 出口王仁三郎
発行日 昭和22年(1947年)6月5日
発行所 愛善苑本部出版課
頁数 90
定価 30円
OBN OBN:1245
  • 昭和32年(1957年)8月に天声社から『大本の道』に改題されて発行された。文庫本サイズ、158頁。『愛善の道』の原本である『東の光』と霊界物語第61巻第62巻から新たに歌が加えられて二倍以上の数になり、16章87節に分類された[3]。(OBN:OBN:1302
    • 平成13年(2001年)12月8日に天声社から『大活字 大本の道』が発行された。(OBN:OBN:1471
  • 平成5年(1993年)8月7日、いづとみづから『愛善の道』が発行された(発行:愛善苑、発売:いづとみづ)。『東の光』から少し追加され567首になり、45節だったものが48節になっている[4]。また旧仮名遣いから新仮名遣いに改められた。83頁、定価777円+税。現在はみいづ舎から発行されている。(OBN:OBN:1406

脚注

  1. 昭和22年6月5日発行の初版の場合。版によって異なる可能性あり。全90頁あり、5首が46頁(230首)、6首が44頁(264首)、計494首。
  2. 木庭次守・編『新月の光』「歌集『愛善の道』」(八幡版下巻p420)には「『霊界物語』第六十巻、第六十一巻、第六十二巻、聖師の歌集十一巻の『花明山』、『東の光』、『彗星』、『白童子』、『霞の奥』、『公孫樹』、『山と海』、『故山の夢』、『霧の海』、『青嵐』、『浪の音』の五万余首の中から、五百二首を選び出して」と書いてある。
  3. 3.0 3.1 『大活字 大本の道』(平成13年)昭和32年8月付の編者による「後記」p157
  4. いづとみづ版『愛善の道』「『愛善の道』編集にあたって」p83