鹿公

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

鹿公(しかこう)は、霊界物語の登場人物。4人いる。

  1. 第8巻で、のセリフ中に出る鹿公。「貴様(注・のこと)の嬶は、鹿公と入魂(じつこん)だから」〔第8巻第4章#
  2. 第9巻に登場する鹿公。熊公と共に琴滝で日夜禊を修し、三五教を四方に伝えた。熊公は石拆の神の活動をなし、鹿公は根拆の神の活動をなし、黄泉比良坂の神業で大功を立てた、と記されている。〔第9巻第23章高照山#第26章巴の舞#〕。
  3. 第11巻第12巻に登場する鹿公。コーカス山大気津姫の御殿を造りに行く四人の大工(牛公馬公鹿公虎公)の一人。実はウラル教の目付役・牛雲別(牛公)の部下[1]第11巻第18章琵琶の湖#第21章俄改心#と、第12巻第18章#第20章#に出る。
  4. 第17~19巻・第23巻[2]・第25巻[3]に登場する鹿公。紫姫の家来(鹿公馬公)の一人。初出:第17巻第13章紫姫#。後に秋彦と改名する。 →詳細は「秋彦」を見よ

脚注

  1. 第11巻第21章俄改心#:時公のセリフ「貴様は牛公とは詐り、牛雲別と謂ふ曲神であらうがな。その他の三人の者共、何れも皆その方の手下の者共だ」
  2. 第23巻第5章#第8章#で、旧名の鹿公に名を戻して登場している。「それに就ては秋彦、駒彦では面白くない。元の馬公、鹿公に、名だけ還元して掛合つて見よう」
  3. 第25巻第19章#に1回だけ名前が出る。「座敷の中にて餅を搗く 鹿公迄が同じよに 猿の人真似飛び上り」