高彦 (曖昧さ回避)

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

高彦(たかひこ)は、霊界物語の登場人物。複数いる。

  1. 高山彦常世姫の間者)の従臣の高彦。第3巻第35章宝の埋換#に1回だけ出る。[1]
  2. 常世会議大自在天大国彦の側から出席した神人の一人。第4巻第1章常世会議#に1回だけ名前が出る[2]大洪水後は荒熊という名でハルの国の関守となる[3]。 →「荒熊」を見よ
  3. 青雲別が改名した高彦[4]天児屋根命の前身[5]。 →「青雲別」を見よ
  4. 白雪郷の高彦。国彦の息子。奇姫の夫。天久比奢母智司の前身。初出:第7巻第17章亀の背#。 →「高彦 (白雪郷)」を見よ
  5. 常世城の門番の高彦。第10巻第18章常世馬場#第20章還軍#だけに出る。
  6. 葦原の国土の国津神の高彦。「高比古の神」に改名する。[6] →「高比古の神」を見よ

名前に「高彦」が付く人物

脚注

  1. 第3巻第35章宝の埋換#:「時しも高山彦の従臣なる高彦は、危難をまぬがれ帰り来り、道彦のために全部滅ぼされむとしたることを、涙とともに奏上したりける」
  2. 第4巻第1章常世会議#:「大自在天大国彦側よりは、大鷹彦中依別牛雲別蚊取別蟹雲別藤高別鷹取別遠山別醜国別倉波蚊々虎荒虎別国弘別出雲別高彦らの神人、堂々として出席したり」
  3. 第8巻第18章巴留の関守#:「私は貴下(注・淤縢山津見醜国別のこと)が宰相として大自在天にお仕へ遊ばした頃は、貴下のお加護で相当な立派な役を与へられ、肩で風を切つて歩いたものでございますが、貴下の御帰幽後は鷹取別の天下となり、悪者のために讒言されて常世神王様の勘気を蒙り、常世国を叩き払ひにされて妻子眷属は離散し、私は何処へ取つく島もなく、寄る辺渚の捨小舟、漸く巴留の国に押し流され、夜に紛れてこの国に上り、労働者となつて働人の仲間に紛れ込み、些し力のあるを幸に今は僅に五人頭となつて、この巴留の国の関守となり、面白からぬ月日を送つて居ります」
  4. 第6巻第37章雲掴み#:「進む青雲別の天使 名も高彦と改めて」
  5. 第6巻第38章黄金の宮#:「この高彦天使は、後に天照大御神様が岩戸隠れを遊ばした時、岩屋戸の前で天津祝詞を奏上し玉ひし天児屋根命の前身なり」
  6. 第78巻第16章天降地上#:「葦原比女の神は御歌詠ませ給ふ。『高彦を高比古の神照彦を 照比古の神と名を改めよ」

このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。