間の国

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

間の国(はざまのくに)は、霊界物語に登場する国。高砂島常世の国の間にある[1]

概要

  • 表記ゆれ:はざまの国、ハザマの国、はざまの地峡国(ちきょうこく)
  • 別称:間の郷(はざまのさと)、間の里
  • 初出:第9巻凡例#(間の国)、第9巻第27章月光照梅#(はざまの国)
  • 「地峡」とは「二つの陸地を結びつける、くびれて細くなっている陸地部」〔広辞苑〕の意。海の「海峡」に対応する言葉。

住民

地理

主なエピソード

第9巻第5篇「百花爛漫」(第27~37章)で舞台となる。

間の国の酋長・春山彦の館で、松竹梅の宣伝使を匿っていたことが発覚し、常世神王(ウラル教)の手下の捕り手が捕まえにやって来るが、鬼武彦の部下の白狐が身代わりになったので助かった。春山彦の娘の秋月姫深雪姫橘姫の三姉妹(月雪花の宣伝使)は、松竹梅の宣伝使に感化され、一緒に宣伝の旅に出る。

現実の間の国

中米のパナマ[2]

脚注

  1. 第9巻第27章月光照梅#:「太平洋の波高く 大西洋に包まれし 高砂島と常世国 陸地と陸地、海と海 つなぐはざまの地峡国」
  2. 第9巻凡例#:「巻中テルの国とは智利、ヒルの国とは秘露、ハルの国とは伯刺西爾、カルの国とは哥倫比亜、ウヅの国とは亜爾然丁、目の国とは北米の墨西哥国、間の国とは同じく巴奈馬国(パナマこく)を指したものであります

外部リンク