道彦 (曖昧さ回避)

提供: Onipedia
道彦から転送)
Jump to navigation Jump to search

道彦(みちひこ)は、霊界物語の登場人物。3人いる。

  1. 第3~4巻に登場する道彦は、大道別の仮の名。[1] →「大道別」を見よ
  2. 第14~15巻に登場する道彦は、三五教の宣伝使・勝彦が改名した道彦。[2] →「勝彦 (道彦)」を見よ
  3. 第43巻以降に登場する道彦は、玉国別の弟子・道公が改名した道彦[3]。第56巻以降は三千彦という表記になる。 →「三千彦」を見よ

関連項目

名前の一部に「道彦」が付く人物

脚注

  1. 第3巻第34章旭日昇天#:国直姫命のセリフ「それまでは汝は仮に道彦と名乗り、かつ聾唖となり、痴呆と変じて神業に従事せよ」
  2. 第15巻第1章破羅門#:「この安彦と云ふは弥次彦の改名、国彦は与太彦の改名、道彦は勝彦の改名せし者なり」
  3. 第49巻第5章復命#国照姫のセリフ「道公は名を道彦と改めて 玉国別に従ひて行け」

このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。