自称艮の金神

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

自称艮の金神(じしょううしとらのこんじん)は、霊界物語の登場人物。2人いる。

(1) 御年村の百姓、虎公手力男[1])のこと。丑の年に生まれた虎公なので丑寅の金神と称した。[2] →「手力男」を見よ

(2) 福島寅之助のこと。丑年に生まれた寅之助なので艮の金神は自分だと称した。[3] →「福島寅之助」を見よ

脚注

  1. 第12巻第23章短兵急#高杉別のセリフ「汝は、御年村の自称丑寅の金神手力男ではないか」
  2. 第6巻第44章俄百姓#:「丑の年に生れた虎さまだぞ。丑寅の金神さまぢや」
  3. 第38巻第9章稍安定#:「福島氏は依然として数多の役員や修行者と共に、 福島『丑の年に生れた寅之助の艮の金神は此方だ』 と威張り散らして猛り狂うて居る。そこへ喜楽に大反対の足立、中村、四方春三等が、益々反対の気勢を煽るので、自称艮の金神の狂態は愈激烈を加へるばかり、遂には教祖を退隠せしめ喜楽を放逐し、福島を以て綾部の艮の金神の教祖となし、足立を以て教主となすべく熟議を凝らし、着々実行の歩を進めてゐた。」