松竹梅の宣伝使

提供: Onipedia
竹野姫から転送)
Jump to navigation Jump to search

松竹梅の宣伝使(まつたけうめのせんでんし)とは、霊界物語に登場する次の3人姉妹である。主に第9巻~第11巻に登場する。

概要

  • 初出:第8巻第38章華燭の典#(松代姫、竹野姫、梅香姫)
  • 三人一緒に行動することが多いため三人一緒に「松竹梅」「松、竹、梅」と呼ばれる場合も多い。
  • 父は桃上彦(第5代天使長)。母は父の追放前に病死。[2]
  • 年齢は上から20、18、16歳。[3]
  • 竹野姫は、背がスラリと高い。[4]
  • 「松代姫」「梅ケ香姫」という名の人物は他にもいる。 →「松代姫」「梅ケ香姫」参照

主なエピソード

第8~9巻

第10~11巻

それ以降

以降は三人別個の活動となる。

脚注

  1. 第15巻第2章途上の変#
  2. 第8巻第38章華燭の典#:「地の高天原は為に混乱紛糾の極に陥り、その妻は病死し、自分は常世彦、常世姫のために、或一時の失敗より追放され、三人の娘を後に残して住み慣れし都を後に」
  3. 第9巻第1章都落#:「靉靆き渡るウヅの国 父の命のましますと 夢に夢みし梅ケ香姫 花をたづぬる鶯の ほう法華経のくちびるを 初めて開く白梅の 二八(注・2x8=16)の春のやさ姿 二九十八の竹野姫 よはたち(注・二十歳)昇る月影の 梢に澄める松代姫
  4. 第11巻第20章醜の窟#牛公のセリフ「背のスラリと高い竹野姫とか云ふ小ン便使が、小ン便歌を歌つてやつて来た」
  5. 第10巻第1~5章、第8章、第14章、第17章など
  6. 第11巻第27章太玉松#