竜宮館

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

竜宮館(りゅうぐうやかた)(龍宮館)とは、

(1) 綾部の神苑にあった「竜門館(りゅうもんやかた)」という建物[1]が、「竜宮館」とも呼ばれる。霊界物語の口述場所としても度々使われている。→「竜門館」を見よ

(2) 大本神諭霊界物語において、綾部の大本という宗教集団を指す代名詞として使われている。「陸の竜宮館(あげのりゅうぐうやかた)」「地の竜宮館(あげのりゅうぐうやかた)」とも呼ばれる。

【例】

  • 「いろは四十八文字の霊魂を、世界の大本、綾部の竜宮館にボツボツと引き寄せて」[2]
  • 「大地の金神、金勝要神が(略)世界救済のため陸の竜宮館に顕現された」[3]
  • 「綾部の新宮本宮の元の宮の陸の龍宮館に、高天原が出現れて」[4]

聖地エルサレムの「竜宮城」に相応する。

「陸の竜宮館」と呼ぶのは、一般に竜宮とは海の中にあると思われているため、わざわざ「陸の」と断り書きを付けているのだと思われる。なお、「陸の竜宮」に対して「海の竜宮」もある。→「海の竜宮」を見よ

脚注