神の国

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

神の国(かみのくに)は、

  • 神が治める国という意味の普通名詞。
  • 霊界物語第7巻第43章の章題。本文中に何度か「神の国」という言葉が出るが、乙のセリフとして「此処を何と心得てる(略)勿体無くも黄金山の麓に現はれ給うた三五教の神の教を守る神の国だ」というセリフがある。これが章題の由来ではないかと思われる。
  • 機関誌の題名。3誌ある。
    • 戦前の大本の機関誌。『神霊界』誌が大正10年(1921年)6月で廃刊となり、代わって『神の国』が8月に創刊された。「発刊の辞」に──『神霊界』は「主として神界霊界の消息を伝へ、国民に対して一大警鐘を乱打し来(きた)つた」が、その消息は「幽玄窃冥であつて、独り之を以て現実世界に臨むは、今後に処する所以にあらざる」ところだから、霊体一致、神人不離の活動に入り、神国建設の功を上げるために『神の国』を発刊した──と記されている[1]。当初は月刊、大正11年10月から10日・25日の月2回発行[2]、大正13年(1924年)8月からはそれまでのB5版をB6版(約100頁)にあらためて月2回発行となり、大正14年8月からは月刊に戻る[3]。昭和4年(1929年)3月からはA5版となる[4]。昭和7年(1932年)4月頃の発行部数は1万5千部だった[5]。 大正14年(1925年)11月号は11月11日に発禁となり原稿が押収される[6]
    • 戦後の大本の機関誌。『海潮』誌が昭和27年(1952年)9月から改題して『神の国』になる[7] [8]。昭和31年(1956年)4月に他誌と合併して『おほもと』に改題する[9]。発行は天声社。
    • 愛善苑の機関誌。『いづとみづ』誌が平成2年(1990年)8月号から『神の国』に改題した。

脚注

  1. 大本七十年史 上巻』「教団の改革#
  2. 大本七十年史 上巻』「新機運の動向#
  3. 大本七十年史 上巻』「国内宣教と造営#
  4. 大本七十年史 下巻』「本部の体制#
  5. 大本七十年史 下巻』「本部での動き#
  6. 『真如の光』大正14年(1925年)11月15日号p48
  7. 大本年表
  8. 大本七十年史 下巻』「梅花運動#
  9. 大本七十年史 下巻』「あらたな展開#