磯公

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

磯公(いそこう)は、霊界物語に登場する人物。ただし名前だけの登場。第16巻第14章鵜呑鷹#に1回だけ出る。(亀彦のセリフ)「委細は岩公市公磯公にお聞き下され」

磯公や岩公・市公らは由良秋山彦の家来である。亀彦と共に冠島沓島高姫に捕まえに行き、その帰り道で甲・乙・丙が会話しているが、その甲・乙・丙の何れかが岩公・市公・磯公である。岩公と市公は門番の銀公と会話をしている。「銀公『オイ岩公、市公、どうぢやつた。随分面白かつたらうな』」。

似た名前の人物