瑞祥閣

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

瑞祥閣(ずいしょうかく)は、亀岡天恩郷にあった建物。大正10年(1921年)7月完成。

概要

  • 表記ゆれ:瑞翔閣
  • 王仁三郎の居室兼事務所として建てられた。[1]
  • 霊界物語の口述場所の一つにもなっている。
  • 第二次大本事件で破却されたが、昭和21年(1946年)跡地に「瑞祥館」が建てられた。

略年表

  • 大正10年(1921年)7月10日、竣成式。
  • 大正14年(1925年)4月15日、平安石が瑞祥閣の前に安置される。

〔この項は「大本年表」をもとに作成した〕

脚注

  1. 大本七十年史 上巻』「国内宣教と造営#