瑞光社

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

瑞光社(ずいこうしゃ)は、昭和20年代の大本の出版部門。天声社の前身。

  • 昭和23年(1948年)1月1日、瑞光社が設立され、社長には東尾吉三郎が、副社長には土井三郎が就任した。中外印刷所は瑞光社出版課の下に置かれた。[1]
  • 昭和27年(1952年)4月1日、教団機構の改革に伴い、瑞光社の組織・名称が改められ、株式会社天声社が設立された。土井三郎が代表取締役に就任した。[2]

脚注

  1. 大本七十年史 下巻』「出版活動#
  2. 『大本七十年史 下巻』「株式会社天声社#