玉彦厳彦楠彦

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

この項目では、言依別命の従者である玉彦について説明しています。それ以外の玉彦については「玉彦 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

玉彦厳彦楠彦(たまひこ いずひこ くすひこ)は、霊界物語に登場する人物。言依別命の従者で、玉彦・厳彦・楠彦の三人のこと。

霊界物語で三人連名で呼ばれているわけではないが、三人の行動は一緒なので、三人一緒に解説する。

概要

主なエピソード

三人は言依別命のお供をして、駒に乗ってウブスナ山イソ館へ向かう。一行四人は天使の松彦に連れられ第一天国へ行き、五十世紀の世界を目撃した後、現界に戻る。イソ館に行くと神素盞嗚大神は不在で、八島主が留守を預かっていた。そこへバラモン軍が攻撃して来るが、八島主はバラモン軍に霊縛をかける。バラモン軍は逃げ去った。その後一行は山を下りてコーカス山を詣で、松代姫と出会う。 →詳細は「第15巻」を見よ

脚注