玉姫

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

玉姫(たまひめ)は、霊界物語に登場する人物。2人いる。

(1) 第3巻に登場する玉姫。第3巻第14章霊系の抜擢#だけに出る。磐長彦長白山八王神)の「忠実無比なる侍女」で、その妻・磐長姫の「寵児」。

磐長彦は磐長姫の帰幽後、侍女の玉姫を正妻に迎えようとした。その可否について地の高天原で天使会議が開かれる。その結果、結婚が許可された。

玉姫は磐長彦の正妻となり、玉代姫(たまよひめ)と改名した。(玉代姫ではなく玉世姫と書いてある場合もある。→王仁文献考証の「第6巻第27章「神生み」における国魂神の神名#」を見よ)

(2) 常楠の母の玉姫。第27巻第18章神格化#の常楠の歌の中に1回名前が出るだけである。「吾が父母の玉彦や 玉姫二人は自転倒の 島に姿を隠しつつ」

名前の一部に「玉姫」が付く人物

関連項目