水明閣

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

水明閣(すいめいかく)は、亀岡天恩郷にあった建物。高天閣の近くにあった[1]

天祥地瑞の口述場所として使われており、昭和8年(1933年)10月から12月にかけて第73巻の大半と、第74巻の全部、第75巻の大半、第76巻の全部が、翌9年8月に第81巻の半分が口述されている。

脚注

  1. 大本七十年史 下巻』「『天祥地瑞』の口述#」:「亀岡天恩郷の千歳庵高天閣や近隣の水明閣でなされ」