櫟公

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

櫟公(いちこう)は、霊界物語に登場する人物。由良の秋山彦の家来[1]だったが、後に悦子姫一行に加わり真名井ケ岳を目指す。しかし途中で死んで「羽化登仙」する。

脚注

  1. 秋山彦の家来だと明記はされていないが、冠島・沓島に高姫を捕まえに行った亀彦一行に加わっているので、秋山彦の家来だと思われる。〔第16巻第14章鵜呑鷹#

関連項目