桜木姫

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

桜木姫(さくらぎひめ)は、霊界物語の登場人物。花森彦の妻。第2巻第43章濡衣#だけに出る。

夫の花森彦は、容色艶麗な唐子姫常世姫の部下)に浮気して、壇山に駆け落ちしてしまう。それを知った桜木姫は、大いに驚き、怒り、怨み、涕泣煩悶に末、ついに発狂してしまう。

桜木姫は言霊別命を夫の花森彦だと思い込んで、言霊別命に抱き付いたりする。それを見た天使・稚桜姫命は、言霊別命は不倫をしていると誤解し、竜宮城から追放してしまう。(言霊別命を追放するのが常世姫の目的だった)